ホーム » ニュース » 行く 1月 逃げる 2月 学年のまとめと次学年に向けて

行く 1月 逃げる 2月 学年のまとめと次学年に向けて

早いもので、ついこの前には新年の挨拶を交わしたと思っていたのに、もう2月に入りました。「立春」とは名ばかりで、寒い日が続いています。そのような中でも、ちらほらと梅のたよりが聞かれ、ジンチョウゲのつぼみもふくらみ始めています。

保護者の皆様には、緊急事態宣言が発出され、延長になった中、新型コロナウイルス感染予防として、健康管理・観察やマスク着用、手洗い等、ご理解とご協力を賜り、有り難うございます。また、現在の状況下、行事予定の変更がありますこと、何卒ご理解の程、お願いいたします。地域の皆様には、寒い中にも関わりませず、子どもたちの安全のために、見守り等、ご支援いただいておりますことに感謝申し上げます。

子どもたちは、学年のまとめと次の学年に向けて、学習を進めたり、復習をしたり、生活を見つめ直したりしています。また、代表委員会の話し合いで、「新型コロナ感染予防をしよう」と呼びかけています。休み時間には、寒風をものともせずに、運動場で元気に遊んでいます。コロナ禍の中ですが、子どもたちの明るい表情、前向きな心と姿を見る度に、元気をもらいます。ご家庭でもこのようなことがあるのではないでしょうか。「教育」を「共育」や「響育」とあてた言葉があります。「共育・・・子どもと共に大人も育つ」、「響育・・・心と心が響き合って育つ」という意味です。この時期に、改めて振り返ってみる視点であり、そして、来年度に向けて大切にしたいことであります。引き続き、感染防止対策を進めるとともに、一層のご支援ご協力の程、よろしくお願いいたします。