ホーム » ニュース » 「命」について考えを深める夏に・・・

「命」について考えを深める夏に・・・

1年生のアサガオが優しい色合いの花を咲かせています。連日、暑い日が続いています。保護者の皆様におかれましては、日々の健康観察(検温・押印)を始め、マスクやタオルの準備、暑さへの対応等、ご支援ご協力を賜り、誠に有り難うございます。また、地域の皆様には、登下校等、子どもたちの見守りをしていただき、心より感謝申し上げます。子どもたちは暑い中、登下校し、学習や様々な活動に頑張って取り組んでいます。1年生にとっては小学校での初めての夏です。他の学年の子どもたちにとっては、例年とは違う夏の生活を過ごしています。8月3日(月)からは午前中の授業で、明日8日(土)から土日を含めて、9日間の夏休みが始まります。期間は短いですが、家庭や地域に戻る夏休みです。充実した日々にするために、子どもたちには計画を立て、規則正しい生活を送ってほしいと思います。また、本をゆっくり読んで自分を高めたり、この休みにできることをしたりして、ご家庭での時間を大切にしていただきたいと思います。そして、「命」について考えを深める夏でもあります。新型コロナウイルスにより制限がある中ですが、子どもたちにとって楽しみにしていることがある反面、「危険」と「誘惑」の度合いも高まります。事故や大きな怪我がないように「命を守る」という意識を持って生活してほしいと思います。そして、昨今、気になるのがSNSやスマホゲーム等の使い方です。「楽しい」や「便利」の反面、犯罪に巻き込まれ、取り返しのつかない被害に遭うことがあります。子どもたちを守るためにも、ご家庭のルール(使用時間など)について、話し合いの時間をとっていただければと思います。そして、限度を越さないよう、自分を律する心(自律心)を育むことが将来に向けて大切であると思います。児童全員が元気に8月を過ごして31日(月)の1学期を終え、9月1日(火)からの2学期がスタートできますよう心から願っています。