ホーム » ニュース » なわとびわんぱく遊び

なわとびわんぱく遊び

神岡小学校では、異学年児童でグループ(わんぱく班)を構成し、5・6年生がリーダーとなってさまざまな交流遊びを行っています。

今回は、なわとびを使って活動を行いました。班のみんなで大縄をしたり、だれが一番長く跳べるかを競い合ったりしていました。

ふり返りでは、「みんなで楽しく遊べた。」「跳び方をやさしく教えてもらって跳べるようになってよかった。」といった声が聞こえてきました。