『 阪神・淡路大震災を忘れない 』 1月17日 避難訓練(地震)実施

1月17日(火)、地震を想定した避難訓練を行いました。

この日に実施するのは、「阪神・淡路大震災を忘れない。その教訓を伝えていく。活かしていく。」という思いを込めています。事前に、資料『あすにいきる』(発行 兵庫県教育委員会)などを使った学習を行い、「自分はどのように行動するか。」を心にとめて訓練に臨みました。子どもたちは真剣な態度で避難しました。全員の避難が完了後、訓練や地震の話をし、黙祷を行いました。

 

当たり前のように私たちの身の回りにあること。スポーツや音楽を楽しめること。学校で勉強できること。食事をできること。家族や友だちと話せること。そんな当たり前のような日常は、地震や新型コロナウイルス感染症などの災害で一瞬にして失われることがあるのだと、私たちは学んできました。平和な日常を、当たり前にあるのではなく、「特別な、大切なもの」としてとらえ、子どもたちにも「毎日を大切に」「命を大切に」生きてほしいと願います。

兵庫県では、1月17日を「ひょうご安全の日」と定めています。当時を知る人の年齢が高くなっている中で、震災の恐ろしさや人と人との助け合いの大切さ、防災・減災への準備等について、伝えて、活かしていくことが重要になっています。