新聞作成アプリ「ことまど」出前講座 4年生

1月23日(月)、4年生が新聞作成アプリ「ことまど」の出前講座を受講しました。「ことまど」は神戸新聞社が開発し、この3学期からたつの市内全小学校に導入されました。児童一人一人が、自分のタブレットを使って、思い思いに新聞をつくることができます。

講師は神戸新聞社の方で、本校に導入されたばかりの電子黒板を使って、まず記事の書き方について教えていただきました。新聞記事はおよその字数が決められていて、それより多くても少なすぎてもダメなこと。第1段落に「いつ、誰が、どこで、何をした(5W1H)」などの大切なことを書いているので、第1段落だけ読めばおよその内容がわかること。後の段落ほど重要性が低い内容なので、記事を短くしなければならない時には後ろからカットできることなどを教えていただきました。

4年生の子どもたちは、アプリ「ことまど」の使い方の説明を受けると、すぐにでも新聞づくりに取りかかりたそうにしていました。最後に質問の時間には、子どもたちから新聞記者の仕事についての質問がいくつも出て、講師さんや記者さんが「こんなに興味をもってくれるなんて」と喜んでおられました。これから、中・高学年で「ことまど」を使った新聞づくりが広がっていくことが楽しみです。

(1月25日の神戸新聞に記事が載りました。)